算数の指導方法

 中学受験の算数の勉強方法はとにかくパターンの繰り返しです。

考えてから答えを出すという解き方では、制限時間内に問題が解き終わりません。志望校の過去問をベースに勉強を進めていくことが望まれます。

使用する問題集に関しても、より生徒の志望校に近い問題集を使用する方が好ましいでしょう。

また、塾で問題集を使って講義をする際は、先生が熱意を持って講義を行ない、生徒に自覚を持たせることが重要です。

塾には入っていても親の意向で入塾しているだけで、あまり目的意識も持たずに通っている子供もいます。

そのような子供たちにも中学受験のために勉強をしていると認識させることが重要です。

中学受験の算数は同じような問題を何度も解くことが求められるため、目的意識を持たない子供には辛いところがあります。

本格的に勉強を始める前に心構えをしっかりと伝えておくことが大事です。

子供に目的意識を植え付けた後は、競争させましょう。答えがはっきりしている算数では成績の優劣を生徒に示すことがモチベーションを高めることに非常に効果的です。

紙で貼り出す、授業前にみんなの前でテスト結果を公表する、などをすることでゲーム感覚で勉強に取り組んでくれるようになります。

但し、成績順位を開示する場合は、成績が悪い子に対するフォローも忘れてはいけません。

教室全体の雰囲気作りのために落ちこぼれを作らない工夫もする必要があります。